整形外科 このような症状のときぜひご相談ください

  • せぼね・肩・手・膝・股・足などの関節の痛み・腫れ・しびれなど
  • 一般外傷(切り傷・ねんざ・脱臼・骨折など)
  • 関節リウマチ・痛風
  • スポーツ障害の改善・競技レベルの向上
  • 骨粗しょう症
  • 交通事故のけが
  • 労働災害
  • 巻き爪・陥入爪・外反母趾・偏平足
  • コルセットやサポーターの製作や処方、オーダーメイド靴やインソール、アーチサポートなどの製作、相談など

整形外科 当院の特徴

つらい痛みを やわらげるために  ペインクリニック治療

腰・あし・肩や関節痛にはトリガーポイント注射や関節注射・理学療法などをおこないます。椎間板ヘルニアや神経痛などについては硬膜外ブロック・神経根ブロックなど専門的・効果的な治療をおこなうこともできます。

 

いつのまにか骨折 脊椎圧迫骨折

「脊椎圧迫骨折」とは骨がもろくなる骨粗しょう症の方によくおこるせぼねの骨折のことです。
起き上がったり、寝返りをするときの痛みが続き、強い症状が続くときは寝たきりになってしまいます。

 

当院では骨粗しょう症の精密な検査が可能で、つらい痛みを和らげる様々な治療をご紹介・実践をいたします。低侵襲で痛みを早く楽にできる治療法のご相談もできます。

 

>>さらに詳しく

 

関節リウマチ

関節リウマチの診断や治療は近年劇的に進歩しています。しかし発症早期に病気が進行し全身の関節が破壊され手遅れになることがあります。そうならないためにも早めの診断と適切な治療が重要です。

 

当院では早期発見に努め、患者様ひとりひとりの病状・ご希望にあわせリウマトレックスを用いた治療のほか、生物学的製剤による治療で患者様の症状の改善をお手伝いいたします。

 

>>さらに詳しく

 

リハビリテーション

暖めたり電気をかける物理療法のほか
運動の指導や運動療法を行い、痛みの原因である運動機能の回復をはかります。

 

スポーツ復帰のための運動指導やテーピング指導などもおこないます。

整形外科記事一覧

整形外科 施設紹介

整形外科診察室2つの診察室いずれも広めのスペースがあり、落ち着いてお話していただけます。処置室・点滴治療室落ち着いた雰囲気で採血・処置のほか、点滴治療をお受けいただけます。透視機能付き レントゲン撮影装置従来の約半分の被ばく量で済むデジタル画像処理システムを導入しており、高画質な画像撮影ができます。...

≫続きを読む

リハビリ機械紹介

ウオーターベッド水圧の刺激で全身の筋肉をほぐし血流を改善します。同時にリラックス効果もあります。頸椎・腰椎牽引装置ほぼ自動的に牽引治療を行うことができ、頸椎や腰椎の姿勢を正します。神経の圧迫をやわらげ血流改善を促し痛みを和らげます。低〜中周波治療器新しい感覚の筋肉・神経刺激装置です。さまざまな周波数...

≫続きを読む

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

椎間板ヘルニアとは背骨の間のクッションである椎間板が損傷してすぐ近くを通る神経を刺激するのが原因です。神経の圧迫や炎症により神経が過敏になり腰から足にかけてに鋭く電気が走ったような痛みやしびれの症状がおこります。とくにお尻や太もも、ふくらはぎ、足にかけて影響する坐骨神経の症状がある場合は坐骨神経痛と...

≫続きを読む

関節リウマチについて

関節リウマチとは手やあしの関節の炎症から始まりやがて骨が破壊されてしまう病気です。症状は手指や手首、足のゆびなどが腫れたり、熱をもったりするのが数週間つづきます。朝起きるときに手足の関節がうごかしづらく、使っているとだんだん楽に動かしやすくなる「こわばり」を自覚することがあります。検査について関節リ...

≫続きを読む

脊椎圧迫骨折について

いつのまにか骨折多くは60歳以上の方で 起き上がるときに腰が痛い 腰が痛くて寝返りがうてない そんなときは脊椎圧迫骨折を疑うときがあります。近頃「いつのまにか骨折」ともいわれます尻もちをついたり、転んだり重いものを持ち上げたときに背骨がつぶれ、痛みが強いときは立ったり座ることもできなくなります。いっ...

≫続きを読む

電話 052-412-5200

ファックス 052-412-5202

〒453-0838 名古屋市中村区

向島町5丁目28-11 2階

【クリニック専用駐車場完備】


医師紹介 院内紹介 整形外科 眼科 交通案内