PFC-FD療法 ご案内

再生医療 PFC-FD 療法  ひざなどの関節・腱の痛みに

ひざの痛み 治療していても ほかに手術しかない といわれていませんか?

 

こんな症状の方へPFC-FDという治療法があります

 

  • ヒアルロン酸注射の効果がない方
  • 手術治療は控えたい方
  • 治療効果をできるだけ長く期待される方

 

PFC-FD療法とは再生医療のひとつで、血小板が持つ 組織を治癒する能力 を利用したものですでに欧米では広く行われています。

 

組織を修復したり 炎症を抑える成長因子を多く含んだ濃縮物を作成し、患部に注射します。 ご自身の血液を使うため、アレルギーなどの副作用がありません。

 

PFC-FD療法 の特徴

  1. 入院や手術が不要
  2. 採血と注射のみのため、入院や手術は必要ありません。治療しながら通常の生活が維持できます。

  3. 副作用のリスクが低い
  4. ご自身の血液を濃縮して使用するため、アレルギー反応などのリスクが少ない治療です。

  5. 効果が続きやすい
  6. 成長因子が軟骨などの状態を整えるため、長期的な効果が期待されます。

 

PRP療法・PFC-FD療法に効果が期待できる疾患

  • 変形性膝関節症 
  • テニス肘・ゴルフ肘
  • アキレス腱付着部炎
  • 足底腱膜炎
  • 手や足などの腱鞘炎

 

治療の流れ

@医師による問診
来院いただきましたら 問診票を記入いただきます。医師の診察を行い、必要に応じてレントゲン検査(自費になります)をおこない、PFC-FD療法の適応を判断させていただきます。すでに画像検査をなさっている場合検査が省略できるため、画像をお持ち頂けると助かります。その場でお決めにならなくても後日申し込みをしていただくこともできます。

 

A採血成分の加工
PFC-FD療法をご希望の場合、約50mlの血液を採取します。それを細胞加工センターに送付いたします。
製品の作成に3週間程度お時間をいただきます。

 

B注射
細胞加工センターでフリーズドライとなった成長因子を注射させていただきます。
注射の痛みはほとんどなく、治療後も歩いてご帰宅いただけます。

 

  • 注射当日はシャワーは可能です。運動は注射後数日は避けてください。注射後1-2カ月は無理な負担は避けていただくようにお願いいたします。

 

 

治療をお受けいただけないことがあります。

血液検査で 感染症検査(肝炎・HIV・梅毒・HTLV1)が陽性になると治療をお受けできません。
その場合、血液検査費用のみご負担いただきます。(検査料12,000円 税込)

 

料金

初診料 3,000円 税込
PRP-FD料金 160,000円 税込

 

  • PFC-FD療法は 保険適応外のため、費用は自己負担となります。

    なお、同日の保険診療は受けることができません。

電話 052-412-5200

ファックス 052-412-5202

〒453-0838 名古屋市中村区

向島町5丁目28-11 2階

【クリニック専用駐車場完備】


医師紹介 院内紹介 整形外科 眼科 交通案内